妊婦になったとたんに

妊婦になったとたんに意識し始める栄養の「葉酸」ですが、サプリなどが手軽に補填できて良いのですが、さすが食べ物としてじっくり取りたいという人も少なくないのではないでしょうか。

葉酸は、ほうれん草から発見されたことから名付けられたまま、ほうれん草に手広く含まれます。他には、枝豆、ブロッコリー、春菊などの緑黄色野菜に数多く含まれていますので、受胎中にはこれらを使ったおひたしやサラダなどを膳に追加するというよいでしょう。

また、納豆や海苔にも数多く含まれています。1食分がツアーされた状態で売られていることがほとんどなので、手軽に膳に既に1売り物を付け足し易いので嬉しいですね。

鳥・牛・豚などのレバーには数多く留まるのも特徴です。これは鉄分が不足しがちな女房にとっては、鉄分も手広く留まるので断然食べておきたいと考えていた方も多いのではないでしょうか。ただし、これらはビタミンAの過剰摂取になると胎児に悪影響があるとされています。とりわけ受胎中頃は食べ過ぎないように限るでしょう。

こうしてみると、葉酸をとるのは難しいどころか、かなり身近に摂取できるものであることが分かりますね。葉酸サプリメントを併用する場合でも、食べ物とのとりまとめで上手に葉酸を摂取して下さい。紫外線から肌を守るのは日焼け止めだけではない!海外発、今話題の日焼け止めとは